〈無声詩〉は絵に変身して、〈有声画〉は詩に変身する。「書」の形を見ればポエジーが絵になり、「書」の意味を問えば絵は詩になる。この絵と詩の響き合いが私にとって「書」の最大の魅力です。